毒笑小説



 

作品の概要

 

 

毒笑小説

 

1996年7月26日 初刊行(集英社)
1999年2月19日 文庫化(集英社文庫)

 

『誘拐天国』『エンジェル』『手作りマダム』『マニュアル警察』『ホームアローンじいさん』『花婿人形』『女流作家』『殺意取扱説明書』『つぐない』『栄光の証言』『本格推理関連グッズ鑑定ショー』『誘拐電話網』の12からなる短編集。

資産家の老人が金に物を言わせてハチャメチャな誘拐をする『誘拐天国』、人を殺し警察に自首するも、マニュアル通りにしか動けない『マニュアル警察』、さえない男がある事件を『目撃』したことにより、一躍注目を集める『栄光の証言』など、ちょっと「毒」のある笑いを著者の独特のセンスで描く傑作短編集。

補足情報

1996年7月26日 初刊行(集英社)
1999年2月19日 文庫化(集英社文庫)
1999年 「マニュアル警察」、2010年「殺意取扱説明書」が
それぞれ「世にも奇妙な物語」でドラマ化

登場人物

【誘拐天国】
福富豊作、銭箱大吉、宝船満太郎:日本でも有数の資産家。福富の孫・健太を誘拐する。
福富政子:福富豊作の娘で福富財閥の現代表
福富健太:政子の長男で幼稚園児。福富財閥の跡取り。

【手作りマダム】
安西静子:夫はABC電機勤める。
富岡貞子:夫はABC電機の重役。

【マニュアル警察】
只野一郎:妻の花子を殺害し、自首しに行く。

【ホームアローンじいさん】
伸太郎:おじいさん。留守番を引き受け、アダルトビデオを見ようとするが・・・。

【花婿人形】
御茶之小路茂秋:御茶之小路家の長男。
御茶之小路要子:茂秋の母。

【女流作家】
宮岸玲子:女流作家

【殺意取扱説明書】
私:OL。殺したい相手がいるのだが・・・。

【つぐない】
藤井実穂:ピアノの先生
栗林:藤井実穂にピアノを教わる。

【栄光の証言】
正木孝三:さえない男。ある日、殺人事件を目撃する。

【本格推理関連グッズ鑑定ショー】
山田史朗:『本格推理関連グッズ鑑定ショー』である重要な物を出品する。

【誘拐電話網】
カワシマ:ある日突然、誘拐犯から身代金要求の電話を受けるが・・・。

感想

「毒」のあるブラックな笑いということで、本作を読んでみましたが、
全部が全部、「笑える」作品ではなかったと思います。

僕が一番好きなのは「つぐない」ですが、これは感動させられる物語です。
ちょっとホロっとくる方もいらっしゃるのではないかと思います。

これがなぜ本作「毒笑小説」に収録されているのかがよくわかりません。
それほど、「つぐない」は本作とは異質でした。

笑いということで見ると、「誘拐天国」の金にものを言わせた、
普通ではあり得ないはちゃめちゃぶりは何とも面白く笑えますね。

また、「手作りマダム」も、何が手作りなのかなぁと思って読むと、
「ああ、そういうことか」と納得。
重役婦人の言葉遣い「~ござあますのよ」ってのに、ちょっとクスッときました。

後は「ホームアローンじいさん」かな。これはかなりおふざけとしかいいようがないですね。
ま、笑いですからね。

本作からは「マニュアル警察」と「殺意取扱説明書」が「世にも奇妙な物語」で
ドラマ化されていますが、これはなるほどですね。
確かに「奇妙」と言われればぴったりかもしれません。

「マニュアル警察」に関して言えば、お役所関係なんかに行くと、これに近いことを
体験できるかもしれませんね。まぁいわゆる「タライ回し」というやつでしょうか。
本作を読んでいると、腹立たしさを超えて笑えてしまうかもしれません。

また本作は巻末に京極夏彦さんとの対談も掲載されており、
ファンの方にとってはかなり興味深い内容となっています。

僕なんかはこの作品、結構「病みつき」になっていて、
たまに読み返したりしてるんですが・・・。

さて、あなたはいかがでしょうか?

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆

関連記事
怪笑小説
黒笑小説



タグ


2011年2月25日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:本の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. basil より:

    こんばんは。
    東野さん幅広いですね~。
    頭の中がどうなってるのか覗いてみたいです。
    京極夏彦さんもお好きですか?
    私は何作か読みましたが、何読んだんだか忘れてますW
    「鉄鼠の檻」だったかな?すごく分厚かったです。

    • RYOJI より:

      basilさん、いつもありがとうございます。
      いや~、本当に作品を読むたびにいつも驚かされています。

      京極夏彦さんの作品はまだ読んだことはないのですが、
      毒笑小説の巻末の対談は結構面白かったですね。
      お二人は仲がいいんだなぁって。
      また読んでみたいと思います。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ