ガリレオの苦悩



 

作品の概要

 

 

ガリレオの苦悩

 

2008年10月23日 初刊行(文藝春秋)
2011年10月7日 文庫化(文春文庫)

 

「落下る(おちる)」
「操縦る(あやつる)」
「密室る(とじる)」
「指標す(しめす)」
「撹乱す(みだす)」
からなる短編集。

元・帝都大学助教授で、かつては「メタルの魔術師」と呼ばれた友永幸正の元に、かつての教え子たちが集まっていた。
その時、離れから突然火があがり、焼け跡からは友永幸正の息子である邦宏の遺体が発見された。

当初は火事による焼死と思われていたが、刺殺であることが判明する。
教え子のひとり、帝都大学准教授の湯川は事件の真相に迫る。
(「操縦る」より)

探偵ガリレオシリーズ第4弾、傑作短編集。

補足情報

ガリレオシリーズ第4弾
2008年10月23日 初刊行(文藝春秋)
2011年10月7日 文庫化(文春文庫)
2008年フジ系ドラマ化(「落下る」と「操縦る」が『ガリレオΦ』として)

登場人物

湯川学:帝都大学物理学科准教授。通称「ガリレオ」
草薙俊平 :警視庁捜査一課の刑事。湯川とは大学の同期。
内海薫:警視庁捜査一課の女性刑事。本作より登場。

落下る(おちる)
江島千夏:銀行に勤めている。マンションから転落し死亡する。
岡崎光也:大型家具屋のセールスマン。

操縦る(あやつる)
友永幸正:元・帝都大学助教授。「メタルの魔術師」の異名を持つ。湯川の恩師。
新藤奈美恵:幸正の内縁の娘。身体の悪い幸正介護をする。
友永邦宏:幸正の前妻との息子。被害者。性格・人間性共には最悪。

密室る(とじる)
藤村伸一:ペンション経営者。湯川と草薙の友人。
藤村久仁子:伸一の妻。
祐介:久仁子の弟。観光協会で働いている。
原口清武:ペンションの宿泊客。ペンション近くで転落死。

指標す(しめす)
真瀬葉月:中学生。水晶の振り子で自分の行動を決める。
真瀬貴美子:葉月の母親。3年前に夫を亡くし、女手一つで葉月を育てている。
碓井俊和:貴美子の上司で、仕事の面で貴美子をサポートしている。

攪乱す(みだす)
悪魔の手:ある事件を起こし、湯川と警察に挑戦する。
上田重之:悪魔の手による犯行で、ビルの高所作業中に転落死。
石塚清司:悪魔の手による犯行で、首都高を運転中に死亡。

感想

ガリレオシリーズとして、「聖女の救済」と同時発売されましたが、
時系列的にはこちらの方が先みたいですね。

本作は探偵ガリレオ、予知夢と同様、短編集ですが、
短編のガリレオの中では本作が一番好きですね。

その中でも特に、「操縦る(あやつる)」は秀逸です。
湯川vs大学時代の恩師という構図の中で、
その事件には非常に悲しい背景が存在し、湯川の苦悩が伺えます。

また、内海薫のあの強気な性格もなかなかいいですね。
ちょっとしたアクセントというか、スパイス的な存在になっていますね。

余談ですが、この作品から女性刑事・内海薫が登場します。
内海は元々、フジ系ドラマ「ガリレオ」のオリジナルキャラで、
ドラマの制作サイドから東野氏に依頼があったらしいですね。

それで、東野氏が快諾し、生まれたキャラなんです。
さすが東野さん、心が広い。

女性特有の鋭い勘と、気が強くて若干暴走気味の内海薫の登場で、
作品に少し遊び心が出て、よくなったと思います。

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆



タグ


2011年2月22日 | コメント/トラックバック(3)|

カテゴリー:本の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. momo より:

     やっと 「落下る」と「操縦る」まで読みました。
     どちらもテレビドラマを視聴していたから思い出しながら
     読み進め、さすがに実写が先だけに理解しやすかったです。

     「ガリレオΦ」の若き三浦春馬さんと「メタルの魔術師」と呼ばれた恩師役の
     蟹江さんの印象が、凄く残っています。

     残りの3編は文字のみでの理解だから速度が遅いけど、頑張って読んでみます。

  2. momo より:

     後半は、「攪乱す(みだす)」が面白かったです。

     このガリレオシリーズになくてはならない人になっている内海刑事。
     女性目線で大活躍ですね。
     ガリレオ先生と女性刑事の今後の成り行きが気になるところです。

     それにしても東野さんは、「唇を舐めた」という表現がお好きなのか
     必ずと言っていいほど各作品に書かれてますよね。

    • RYOJI より:

      momoさん
      コメントありがとうございます。
      本作で内海刑事が初登場だったですよね、確か。
      女性ならではの鋭い勘が冴え渡っていたような気がします。
      ドラマに合わせた東野さんの配慮らしいですね。
      そういえば、最近文庫化されましたよね。
      僕は「メタルの魔術師」の話が一番のお気に入りです。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ