レイクサイド



 

作品の概要

 

 

レイクサイド

 

2002年3月 初刊行(実業之日本社)
2006年2月 文庫化(文春文庫)

 

子供の中学受験のために、ある湖畔で、
4家族合同の勉強合宿が行われていた。

並木俊介は受験戦争に対しては批判的で、合宿も乗り気ではなかったが、
ある思いを秘めて参加することになる。

そんな中、勉強合宿の行われている別荘に
俊介の部下で愛人でもある高階恵里子が現れる。

その後、俊介は恵里子が泊まっているというホテルに行くため
別荘を抜け出すが、恵里子の姿はどこにもない。

俊介が別荘に帰ると、
そこにはなんと恵里子の変わり果てた姿があった。

そして、俊介の妻・美奈子が衝撃の告白をする。
「あたしが殺したのよ」

子供の中学受験を控えた親の苦悩や葛藤を描いた傑作ミステリー。

補足情報

2002年3月 初刊行(実業之日本社)
2006年2月 文庫化(文春文庫)
2004年 役所広司・薬師丸ひろ子主演で映画化

登場人物

並木俊介:アートディレクター。4家族合同での勉強合宿に参加する。
並木美奈子:俊介の妻。
並木章太:俊介の息子・美奈子の連れ子で俊介とは血が繋がっていない。

藤間:病院長。勉強合宿に家族で参加する。
藤間一枝:藤間の妻。
藤間直人:藤間の息子。

坂崎洋太郎:勉強合宿に家族で参加する。
坂崎君子:坂崎の妻。
坂崎拓也:坂崎の息子。

関谷孝史:勉強合宿に家族で参加する。
関谷靖子:関谷の妻。美奈子とは友人。
関谷晴樹:関谷の息子。

津久見:塾講師。勉強合宿で子供を指導する。
高階恵里子:俊介の部下で愛人。

感想

率直な感想を申しますと、
なんかちょっと物足りない感じを受けました。

淡々と物語が進んで行くので、それぞれの登場人物の
特徴みたいなものがとても捉えにくいと感じました。

なんというか、「客観的に」書かれてあるからだと思います。

そして、「ちょっと変わったミステリー」だと思いました。

他殺死体が見つかり、主人公の妻である美奈子が
「私が殺した」と名乗り出ます。

そして、周りにいる人間全てが彼女を庇います。
何か「秘密」を共有しているというのはわかるのですが、
真相を知ったときの衝撃度はなかなかのものでした。

ただし、本当の「真相」は闇の中なのですが、
私はこの結末は「あり」だと思います。

物足りないと書きましたが、読みやすくて、
どんどん読み進められる作品であることは間違いありません。

ただ、私にとって残念な点も。

本作は「中学受験」というテーマを核に、
子供を受験に成功させるためならどんなことでもするという
親の必死の姿が描かれています。

真相が明らかになる中で、親が子供の受験のためにそこまでするのか、
という描写があります。

私はこの部分に関しては全く賛同できませんでした。、
気持ち悪いとさえ感じてしまったほどです。
そこに関しては並木俊介と同じ感性を持っていたということになるのでしょうか。

実際に受験生の親なら、考え方も変わっていたかも知れませんが。

そこがあまり気にならなければ、
ミステリーとして十分に楽しめる作品であります。

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆



タグ


2011年3月9日 | コメント/トラックバック(6)|

カテゴリー:本の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 東上かおる より:

    こんにちは。かおるです。

    レイクサイド読み終わりました。
    一気に2日で読んでしまい、とても読みやすく感じました。
    しかも、なかなかこの続きはあした読もうとか、そんなことは思わずでした。

    それにしても、親というのはすごいですね。子供のためなら、犯罪にも手を染めてしまうのだから。私が子供を持ったらそうなるのでしょうか?

    映画化もされているようで、DVDを借りて見てみようと思います。
    では。

    • RYOJI より:

      かおるさん
      こんにちは^^コメントありがとうございます。
      レイクサイドはお受験がテーマのミステリーですね。僕にも子供がいますが、この心境はまだちょっと理解できませんでしたね。
      映画、僕もまだ見てないんで、DVD借りようかな。
      それでは^^

  2. キリン より:

    タイ人のキリンです。

    この作品も読みました。
    読んでいるときに、何か仮面山荘殺人事件と同じような雰囲気を感じました。
    やっぱり別荘で殺人がよく起こるんですか日本では?

    でも、内容はとてもよくて3時間ぐらい完読です。(完成読んだ)

    この作品のすばらしさは●●●ところなんですね。
    やっぱり読者はその答えを出すべきだったってところが、凄い動揺させちゃいましたね。

    ※一部ネタバレを含んでいましたので、管理人判断で伏字にさせていただきました。

    • RYOJI より:

      キリンさん
      コメントありがとうございます。
      よく殺人が起こるかどうかは判りませんが、よく舞台にはなるようですね^^
      こういう終わり方は東野さんらしいなぁと感じました。
      映画化もされていますので、機会がありましたら見てください。
      僕もまだ見てませんので、いつかは見ようと思っています。

  3. momo より:

     
     DVDを観ました。

     こんな価値観を人間にもたせる受験制度が、
     暗く無気味でなりません。
     
     役所さん、トヨエツさん、杉田さんなど役者さんは存在感ありますね。

    • RYOJI より:

      momoさん
      僕もそのうち借りて見ようと思っています。
      受験制度に対しての東野さんなりの抗議のような作品ですね。
      受験なんて、高校と大学だけでお腹いっぱいです。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ