プラチナデータ



 

作品の概要

 

 

プラチナデータ

 

2010年7月1日 初刊行(幻冬舎)
文庫化未定

 

警視庁捜査一課の刑事、浅間は自分が担当したある殺人事件で、
DNAを用いた画期的な捜査が導入され、スピード解決されたことに大いなる疑問を抱く。

それは、国のトップが秘密裏に行っていたDNA捜査だった。
かくして、犯罪防止を目的としたDNA法案が可決し、検挙率は飛躍的に上がる。

そんな中、DNA捜査を嘲笑うかのような事件が立て続けに発生する。
警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。
当初はシステムの不備ではなく、データ量の不足が問題となっていたが・・・。

また同じ頃、DNA捜査システムの開発者である蓼科兄妹が何者かに殺害される。
現場に残された毛髪から得られた解析結果は「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」

神楽はDNA捜査の第一人者でありながら追われる身となる。

DNA捜査システムに秘められた謎とは?
蓼科兄妹はなぜ殺されたのか?

全ての謎はDNAが解決する。

補足情報

2010年7月1日 初刊行(幻冬舎)
文庫化未定

嵐の二宮和也さん主演で映画化決定。2013年公開予定。
詳細はこちら ⇒ 【映画化情報】「プラチナデータ」二宮和也さん主演で映画化決定!
映画公式サイトはこちら ⇒ 『プラチナデータ』公式サイト

登場人物

浅間玲司:警視庁捜査一課の刑事。警部補。
神楽龍平:警視庁特殊解析研究所・主任解析員

木場:警視庁捜査一課、浅間の上司
那須:警視庁捜査一課長
戸倉:警視庁捜査一課の刑事、浅間の後輩

志賀孝志:警視庁特殊解析研究所・所長
白鳥里沙:アメリカからDNA捜査を研究をするため来日

蓼科早樹:天才数学者でDNA捜査システムの開発者
蓼科耕作:蓼科早樹の兄

水上洋次郎:新世紀大学・脳神経科教授

リュウ:神楽龍平の別人格
スズラン:謎の少女

神楽昭吾:神楽龍平の父親で、陶芸家

感想

本作は個人のDNA情報を国が管理し、
犯罪防止を目的とした「DNA法案」が可決するという設定で
進んで行きます。

架空の設定とはいえ、
近い将来、いつかは本作のようなDNA捜査が実現しちゃうのかなぁと、
ちょっと思ってしまいました。寒気がしますね。

徹底した管理社会を追求し、国民のためと言いながら、
一方では管理社会を作る側の傲慢さや汚い部分がこれでもかと伝わってくる内容です。

警察内部のお偉方、または国のトップである政治家の世界っていうのは
こんなんなのかなぁ、とちょっと暗い気持ちにもなりました。
実際はどうか知りませんけど、なんか本当にこんなのありそうですよね。

とまぁ、そういったドロドロした設定ではあるのですが、
実はとてもお気に入りで面白く読めた作品なのです。

真実をどうしても追究したい浅間刑事はかっこいいし、
なにより、後半の浅間と神楽のコンビはよかったですね。

当初は何かとぶつかりあう2人が、
真相を追究するため、協力しあう姿がとてもよかったです。

また、個人的にスズランの存在がとても大きかったと思います。
スズランと2人で旅をする神楽がなんともいい感じでしたね。
スズランの正体についてはある程度予想通りでしたが、
それでもなんとも寂しいような切ないような…。

あと、ラストはよかったですね。
「事件の解決」という意味では消化不良ぎみではありますが、
これはこの結末がベストなのでしょう。

神楽龍平の選んだ道にはちょっと意外な気がしましたが、
これもなんともすがすがしい結末だと感じました。

いたるところに伏線が張ってあり、東野ワールドを十分に楽しめたと思います。

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆

関連記事
【映画化情報】「プラチナデータ」二宮和也さん主演で映画化決定!



タグ


2011年5月3日 | コメント/トラックバック(11)|

カテゴリー:本の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. 『プラチナデータ』 東野圭吾・著 | 新しさと美しさに満足です

    東野圭吾作品がなぜかくも人気があるかというともちろん面白いからに決まっているからだが、もうちょっと細かくいえば、人間という生き物のしょうもなさを肯定的に描いているから …

  2. 【プラチナデータ】 東野圭吾 著

    DNAプロファイリング・・・国民のDNAを管理し、犯罪などの捜査に活用する法律が可決された  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】犯罪防止を目的とし…

  3. 東野圭吾/「プラチナデータ」/幻冬舎刊

    東野圭吾さんの「プラチナデータ」。

    国民のDNA情報を元に犯罪捜査を行うDNA法案が国会で可決され、犯罪検挙率が飛躍的に上がった
    日本の社会。このDNA捜査を確立させた警察庁特殊…

  4. ナナメモ より:

    「プラチナデータ」東野圭吾

    JUGEMテーマ:読書

    犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁…

  5. DNAをめぐる・・・

    小説「プラチナデータ」を読みました。

    著者は 東野 圭吾

    DNAと殺人をめぐるミステリー
    ある種 SFといえる感じで

    管理社会の怖さもあり

    とはいえ、今作はエンターテイメント作品です…

  6. 『プラチナデータ』 東野圭吾

    嫁さんが図書館で借りてきていた「東野圭吾」の長篇作品『プラチナデータ』を読みました。
    [プラチナデータ]

    『嘘をもうひとつだけ』、『虹を操る少年』、『流星の絆』に続き「東野…

  7. 東野圭吾『プラチナデータ』

    プラチナデータ東野 圭吾幻冬舎

    今回は、東野圭吾『プラチナデータ』を紹介します。まあ、それなりに面白かったですけど、自分の心に印象深く読んだ印象が残っているかといえば違う…

コメント

  1. momo より:

     再読しました。

     天才少女・蓼科早樹の登場に、森博嗣さんの「すべてがFになる」を連想。

     どんな高度な科学データも操作するのは、人間であり
     帯封に書かれているとおりの究極の謎は、「人間の心」だと
     思い知らされました。
     一読目では読み飛ばした陶芸の深い意味も改めて認識です。

     近未来の管理社会が描かれ、「知らぬは哀れな国民ばかり」
     のフレーズが怖いです。

     
      

    • RYOJI より:

      momoさん
      コメントありがとうございます。
      「知らぬは哀れな国民ばかり」
      ほんとそうですよね。今現実でもこんなことがありそうですよね。
      この作品を読んで思い知らされました。

  2. MASAHIRO より:

    プラチナデータが7月5日に文庫化されました。
    発売日当日たまたま本屋さんで見つけました。
    事前情報なしで発売されたんでしょうかね?
    文庫化を待たれてた方はぜひ購入してみてください。

    いつも楽しく読ませてもらってます。
    今後ともよろしくお願いします。

    • RYOJI より:

      MASAHIROさん
      コメント&情報ありがとうございました。
      プラチナデータの文庫化はたぶん映画化の映画化の影響かなぁと思います。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ