サンタのおばさん



 

作品の概要

 

 

サンタのおばさん(絵本)
(イラスト:杉田比呂美)

 

2001年11月 初刊行(文藝春秋)

 

クリスマスを目前に控えたある日、毎年恒例のサンタクロース会議が開かれていた。
その会議では、アメリカ支部の後任サンタを決めることになっていたが、
推薦されてやってきた新しいサンタ候補は「おばさん」だった・・・。

補足情報

2001年11月 初刊行(文藝春秋)
イラスト:杉田比呂美

感想

東野作品唯一の絵本です。

イラストがかわいくて、ほのぼのした気持ちで読むことができます。

そんな「楽しい絵本」の中でも
性差別や人種差別、国や地域による文化の違いなど、
東野さんが読者に訴えかけるメッセージは強烈です。

「なぜサンタが女性ではいけないの?」
「サンタは赤い衣装でないといけないの?」

いろいろな問題を、やさしいイラストとわかりやすい文章を通じて
わかりやすく提示してくれていますね。

大人でも子供でも楽しめるし考えさせられる絵本だなと思いました。

ラストはとても幸せな気持ちになれました。
おすすめです。

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆



タグ


2011年12月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:本の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ