探偵ガリレオ



 

作品の概要

 

 

探偵ガリレオ

 

1998年5月 初刊行(文藝春秋)
2002年2月10日 文庫化(文春文庫)

 

まるでオカルト現象とも言えるような難解な事件に頭を悩ませる、
捜査一課の刑事・草薙。

彼は困り果てた末、大学時代の同期で帝都大学理工学部物理学科助教授の
湯川学に助けを求める。

突如頭が激しい炎に包まれる少年、池に浮かぶ謎の金属製マスク、
身体の一部が壊死した遺体、海水浴中に突然爆発に巻き込まれた主婦、
病弱な少年が体験した奇妙な出来事。

天才物理学者・「ガリレオ先生」こと湯川の推理が冴え渡る傑作短編集。

補足情報

ガリレオシリーズ第1弾
1998年5月 初刊行(文藝春秋)
2002年2月10日 文庫化(文春文庫)
2007年 福山雅治・柴咲コウ主演でドラマ化(フジ系)
※ドラマ「ガリレオ」の原作は探偵ガリレオと予知夢。

登場人物

湯川学:帝都大学理工学部物理学科助教授。通称ガリレオ先生
草薙俊介:警視庁捜査一課の刑事。湯川の大学の同期で友人
間宮警部:警視庁捜査一課、草薙の上司。湯川の事を「ガリレオ先生」と呼ぶ。

【燃える(もえる)】
山下良介:突然頭が燃え上がり、死亡する。
金森龍男:事件現場の近くのアパートに住んでいる。
前島一之:事件現場の近くのアパートに住んでいる。

【転写る(うつる)】
藤本孝夫:中学生。ひょうたん池で金属製のマスクを拾う。
柿本進一:歯科医。行方不明だったが遺体で発見される。
柿本良子:柿本進一の妹。石膏像が兄に似ていると主張する。

【壊死る(くさる)】
高橋邦夫:スーパーマーケットの経営者。自宅浴室で死亡。
内藤聡美:「東西電機」の事務職。高橋邦夫の愛人。
田上昇一:「東西電機」の現場作業員。

【爆ぜる(はぜる)】
梅津律子:海水浴中に不審死を遂げる。
藤川雄一:帝都大学理工学部出身。自宅死んでいる所を発見される。
松田武久:帝都大学理工学部エネルギー工学科第五研究室の助手。
横森:帝都大学理工学部エネルギー工学科第五研究室の教授 。
木島文夫:帝都大学理工学部エネルギー工学科の教授で最高権力者。

【離脱る(ぬける)】
上村宏:フリーライター。
上村忠広:宏の息子で小学二年生。生まれつき病弱な体質。
長塚多恵子:OL。自宅で死んでいる所を発見される
栗原信彦:保険会社の外交員。
中上:食品工場の責任者。

感想

捜査一課の刑事、草薙が超常現象のような事件に遭遇し、
困り果てて、大学の同期である帝都大学理工学部物理学科助教授、
湯川に相談を持ちかける所からこの物語は始まります。

それぞれの物語が常識では考えられない現象なんですが、
それを科学で全て証明できるというのが本作の面白い点です。

私は理系の知識には乏しいので、
正直、読んでいて難しいなと思う記述はたくさんありますが、
それも全く苦痛ではなく、感心しながら読むことができました。

それにしてもひとつひとつのトリックが実によく考えられているものだと思います。
いくら理系が得意とは言えなかなかここまでは思い付くのは大変なことだと思います。

トリックだけではなく、物語の背景にも素晴らしいものがあると感じました。
特に、「燃える(もえる)」に関しては犯人に同情する点が大いにあるので、
かなり切ないラストになっていると思います。

「爆ぜる(はぜる)」はトリックに関してはとても興味深いものがありましたが、
犯人がちょっと身勝手すぎるのでは?と思う部分がどうしても拭いきれませんでした。

「転写る(うつる)」はラストの締め方が秀逸ですね。
「科学者でも冗談を言う時はあるんだよ」という
湯川のセリフはとても印象に残っています。
これはうまい終わり方だなぁと感じましたね。

トリックは多少難解な点もありますが、完璧に理解できなくても
「ふ~ん、そういうものなんだ」でいいと思います。
それで十分に楽しめる作品だと思います。

短編集なので、少しあっさりしすぎてる部分もあるのかな、とも思いました。
ひとつひとつに物足りなさを感じる読者さんも多くいらっしゃるかもしれませんね。

あっさり読めるというのもひとつの魅力かな、とも思いますので、
理系の知識をフルに使ったトリックを楽しみたい方にはおすすめです。
何度も言いますが、私も理系オンチですが大丈夫でしたよ。念のため。

おすすめ度:★★★★★★★☆☆☆



タグ


2011年3月5日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:本の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. basil より:

    なんだかタイトルの読ませ方が凝ってますね。
    人体発火は「パラサイトイブ」を思い出します。
    読まれたことありますか?
    当時は「パラサイトイブ」の他に「リング」も話題になってたんじゃなかったっけ?
    両方とも読みましたが、私は「パラサイトイブ」の方が面白かったです。
    一番印象に残ったのが「薬学部ってそんなことするところなんだ」ってことでした。あれ?読み方違う?

    • RYOJI より:

      パラサイトイブってホラーでしたよね?
      ホラーはちょっと苦手で・・・(^_^;)
      映画を見た記憶はあります。
      ガリレオはドラマ化されて人気もあるので
      おすすめですよ~。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ