私が彼を殺した



 

作品の概要

 

 

私が彼を殺した

 

1999年2月 初刊行(講談社)
2002年3月15日 文庫化(講談社文庫)

 

有名作家で、脚本家でもある穂高誠は、
女流詩人・神林美和子との結婚式当日、何者かに毒殺された。

容疑者は3名。
穂高誠のマネージャー・駿河直行、神林美和子の担当編集者・雪笹香織、
神林美和子の兄・神林貴弘だ。

3名はそれぞれに穂高誠に対する憎しみや殺意を抱いており、
それぞれに十分な動機が存在する。

一体誰が穂高誠を殺したのか?
最後まで犯人が明かされない究極のフーダニット。

加賀恭一郎シリーズ第5弾は超難解の傑作長篇推理。

補足情報

加賀恭一郎シリーズ第5弾。
1999年2月 初刊行(講談社)
2002年3月15日 文庫化(講談社文庫)

登場人物

加賀恭一郎:練馬署の敏腕刑事

穂高誠:脚本家で「穂高企画」を経営している。
神林美和子:詩人。穂高誠の婚約者。
神林貴弘:美和子の兄。大学で量子力学の研究をしている。
駿河直之:穂高誠のマネージャー。「穂高企画」の経営を任されている。
雪笹香織:神林美和子の担当編集者。穂高の元・恋人。
浪岡準子:動物病院に勤めていて、駿河と同じマンションに住んでいる。穂高の元・恋人。

感想

本作は「どちらかが彼女を殺した」と同様、最後まで読んでも犯人が明かされません。
このブログでもネタバレは掲載していません。
(その内解説を載せようかとは思いますが・・・。)

自分で、随所に散りばめられたヒントを元に推理しなければいけません。
それがこの作品の醍醐味なんですね。

しかし、今となっては調べればいくらでも解説が出てきます。
初めて読むときはもちろんですが、自分で頑張って推理してみてくださいね。

そして読んでも犯人がわからなければ・・・
何度もわかるまで読んでください(笑)

ちなみに僕はというと、
正直、1度読んだだけでは犯人を特定することは出来ませんでした。

そして・・・、ごめんなさい。僕は調べました。
こんなこと書くと、本当のミステリファンの方から怒られそうですね。
でも、本当、難しいですから・・・。

僕のように、あきらめた方は調べて、また読み返してみてくださいね。
また違った面白さもあると思いますので。

推理は難しいのですが、物語としては面白くて、どんどん読み進めて行けた記憶があります。

被害者の穂高誠という男は、まぁ殺されて当然といえば当然の性格の持ち主ですね。
これほど敵が多い人間もそうそういないでしょう。

それだけに、婚約者の神林美和子が、なぜこんな男と結婚する気になったのか?ということに
フォーカスを当てて読んで行っても面白いかもしれませんね。

それと、この作品は加賀恭一郎シリーズですが、加賀さん全然目立ってません。
加賀さん好きの僕としてはちょっと残念な部分ですね。

ちなみに、メフィスト誌連載版とノベルス・文庫版では犯人が違うそうですよ。

他の作家さんでもこういった「犯人が明かされない」作品があるかどうかは
知りませんが、東野さんすげぇなぁと改めて思い知らされた作品でした。

それでは、がんばって推理してみてください。

おすすめ度:★★★★★★☆☆☆☆

関連記事・ページ
加賀恭一郎シリーズ
卒業
眠りの森
どちらかが彼女を殺した
悪意
嘘をもうひとつだけ
赤い指
新参者
麒麟の翼
【ドラマ】新参者
【ドラマ】赤い指



タグ


2011年2月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:本の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ