【ドラマ】新参者



概要

◆放送日時:2010年4月18日~6月20日

◆製作元:TBS系 ⇒ ドラマ「新参者」公式ページ

◆原作:新参者
原作のレビューはこちら

サブタイトル&視聴率

第1話:煎餅屋の娘:21.0%
第2話:料亭の小僧:15.1%
第3話:瀬戸物屋の嫁:13.3%
第4話:時計屋の犬:14.7%
第5話:洋菓子屋の店員:12.9%
第6話:翻訳家の友:14.1%
第7話:刑事の息子:12.8%
第8話:清掃屋の社長:12.7%
第9話:民芸品店の客:14.7%
最終話:人形町の刑事:18.0%

主なキャスト

加賀恭一郎:阿部寛
青山亜美:黒木メイサ
松宮脩平:溝端淳平
小嶋一道:木村祐一
上杉博史:泉谷しげる
三井峯子:原田美枝子
清瀬直弘:三浦友和
清瀬弘毅:向井理
岸田要作:笹野高史
上川聡子:市原悦子
上川菜穂:杏
田倉慎一:香川照之
佐々木修平:石黒英雄
枝川頼子:夏川結衣
枝川泰治:寺島進
柳沢麻紀:柴本幸
柳沢鈴江:倍賞美津子
寺田玄一:原田芳雄
光岡彰文:恵俊彰
北村美雪:紺野まひる
吉岡多美子:草刈民代
宮本祐理:マイコ
岸田克哉:速水もこみち
菅原美咲:小泉深雪

ざっくり&ぶっちゃけ感想

概ね、原作に忠実だったかなぁと思います。
原作が各章毎に一区切りあるという形なので、
非常にドラマ化しやすかった作品だと感じました。

サブタイトルを見てもらえれば判るように、
ほぼ、原作どおりです。

ただ、やっぱり原作そのまま、というわけにはいかない部分もありますね。

青山亜美という女性は原作の使い方で十分だと感じましたが、
そこは「ドラマ化」に当たっての諸事情がはっきりと見て取れました。

要するに、原作のままでは「華」がないんですよね。
で、半ば無理やり「主演女優クラス」の役どころを設定した、という感じです。
※これは「ガリレオ」でも言えることですが。

それと似た感じで、松宮脩平もそうですね。
松宮は原作は赤い指での登場で、新参者には出てきません。

しかし、若くて人気のある役者さんを使いたいという狙いなのでしょうね。
まぁ松宮に関しては「加賀と一緒に捜査をする」っていうだけなので、
登場させてもさほど違和感はないのですが。

青山亜美のドラマでの立場は非常に微妙だな~と感じました。
ま、要するにいらないかな、と。

あとは、まぁまぁよかったんじゃないでしょうか。

各章(話)毎にかなり感動できる仕上がりになっていたと思いますし、
原作を知らない方が見ても、十分に楽しめるドラマだったと思います。

ただ、全く原作を知らない方の感想は結構賛否あったみたいですね。
どうも、真犯人を突き止めるまでの各章がダラダラしすぎてる、
という感想が多いようです。

私は純粋に楽しめました。

加賀恭一郎は東野作品の中でも人気のキャラクターですし、
私自身も大好きなのですが、
阿部寛さんというキャスティングはグッジョブでしたね!

まさにピッタリ、という印象でした。
これはドラマとして、シリーズ化していただきたいものです。

おすすめ度:★★★★★★★★★☆

関連記事・ページ
加賀恭一郎シリーズ
卒業
眠りの森
どちらかが彼女を殺した
悪意
私が彼を殺した
嘘をもうひとつだけ
赤い指
新参者
麒麟の翼
【ドラマ】赤い指



タグ


2011年3月11日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:ドラマの感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. momo より:

    最近ドラマを再視聴してますが、RYOJIさんの書かれておられるように
    加賀役に阿部さんは、グッジョブだと思います。同感です。
    (だから映画にもつながっていますよね。)

    清瀬弘毅の恋人・青山亜美が、加賀の後輩という設定は、
    少し無理があると感じます。

    黒木メイサさんを登場させるには、青山亜美役でなく、
    原作にはない雑誌記者としてだけの方がスッキリだなと・・・。

    復習していて、あらためて豪華なゲストで私も楽しめました。
    丁寧に制作されていますよね。

    • RYOJI より:

      momoさん
      いつもコメントありがとうございます。
      阿部寛さんいいですよね~。まさにハマリ役だと思っています。
      今後も加賀シリーズの新刊が出る度、映像化を期待してしまいそうですよね。

      青山亜美が大学の後輩として、
      年齢20以上は離れてるやろ!
      普通、面識なんて無いやろ!と思ったのは僕だけではないはず。
      でもとてもいいドラマでしたよね。映画「麒麟の翼」がとても楽しみです。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ