【ドラマ化情報】『分身』ドラマ化決定



 

分身

 

1993年9月 初刊行(集英社)
1996年9月20日 文庫化(集英社文庫)

「分身」がドラマ化されるという情報が入ってきました。
2012年2月にWOWOWにて全5話の予定だそうですね。

「分身」の原作レビューはこちら ⇒ 分身

キャストはまだ発表されていないらしいですが、
どうも噂によると主人公・氏家鞠子と鞠子に瓜二つの小林双葉を長澤まさみさんが
一人二役で演じられるという情報もあるみたいですね。

あくまでも噂ですので、公式発表を待ちましょう。

分身の概要は以下の通り。

北海道に住む氏家鞠子。
彼女は母親が自分のことを愛していないのではないかという疑念を持っている。
そんな中、母親が一家心中を図る。
家は焼け、母親は亡くなるが鞠子と父親は助かる。

鞠子は母親の死の真相を追求しようと決意する。

東京に住む小林双葉。
彼女はアマチュアバンドのボーカルをしており、ある日、テレビに出演した。
ところが母親はテレビ出演に対し、過剰なまでに双葉を責めたのだった。
その直後、母親は車に撥ねられ亡くなってしまう。

双葉もまた、母親が隠していた真実を探りに旅に出る・・・。

2012年2月が楽しみですね!

関連記事
分身



タグ


2011年11月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ドラマ化情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ