【映画】手紙



概要

◆公開:2006年11月3日

◆配給:ギャガ・コミュニケーションズ

◆製作:『手紙』 製作委員会

◆原作:手紙
原作のレビューはこちら

主なキャスト

武島直貴:山田孝之
武島剛志:玉山鉄二
白石由実子:沢尻エリカ
中条朝美:吹石一恵
寺尾祐輔:尾上寛之
緒方忠夫:吹越満
平野会長:杉浦直樹
倉田:田中要次
中条(朝美の父):風間杜夫

ざっくり&ぶっちゃけ感想

映画版「手紙」の感想です。
原作は東野作品の中でもベスト5に入るほど好きな作品です。

映画化にはかなり期待をしていましたが、
不安も少なからずありました。

まず、2時間ほどの時間でどれだけ原作を忠実に再現できるか?
という部分ですね。
東野さんは自身の映像化に関してはほとんど注文をつけない作家さんで
知られていますから、設定なんかがかなり変わることもよくありますね。

私個人としては、
映像化するなら原作を忠実に再現してほしいなぁという希望があります。
時間の都合で無理なことが多いんですけどね。

『手紙』では映画化に当たって、
原作では武島直貴はバンドという夢を追いかけるのですが、
映画ではお笑いコンビになっていました。

これは、最初はちょっとガッカリだったのですが、
映画を見終わった時は「お笑いコンビでもすごくよかった」というものでした。

ラストに兄の刑務所を慰問するシーンがあるのですが、
ここでは涙が止まりませんでしたね。

実際、バンドならこうは行かなかっただろうと思いますね。
映像化に当たって、お笑いコンビに変更したのは結果的に大成功と言えると思います。

また、電機店の平野会長を演じられた杉浦直樹さん、
被害者の息子・緒方役の吹越満さんは個人的にはとてもよかったと思いました。

兄・武島剛志役の玉山鉄二さんの演技も素晴らしかったですね。
山田孝之は最初はちょっと違うかな~、と思ってたんですが、
見始めると良かったですね。

そして、沢尻エリカさんはというと、
この頃はまだとても「カワイイ」という印象が強いですね。
役どころも良く、いいキャスティングだとは思いました。
ほんとにかわいかったですね。

ただ、沢尻さんが話す関西弁にとても強い違和感を感じました。
特に私は関西の人間なので、ちょっとでもおかしな関西弁には反応してしまうのですが、
この沢尻さんの関西弁はちょっとどころじゃなかったですね。
製作スタッフがもうちょっと気が付いてくれたらよかったのに、と思いました。

いや、ほんとにかなり変な関西弁でしたよ。無理やり感がありありで。
台無しにさえしかねないな、と思いました。

それ以外はとても良かったです。
最後はボロボロ泣いてしまいました。

映像化に当たって設定って変えざるを得ないこともよくあるのですが、
この映画に関しては、それが大当たりだったと思いますね。

おすすめです。

おすすめ度:★★★★★★★★★★



タグ


2011年4月20日 | コメント/トラックバック(6)|

カテゴリー:映画の感想

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. 「手紙」、感動しましたぁ~。

     実際に千葉刑務所でも慰問上映され、744人の受刑者も見て、涙する人もいた映画「手紙」を見てきました。

  2. 『手紙』

    差別のない国を探すんじゃない。君はこの国で生きてくんだ。

    ■監督 生野滋朗■脚本 安倍照雄、清水友佳子■原作 東野圭吾(「手紙」毎日新聞社、文春文庫刊)■キャスト 山…

  3. Akira's VOICE より:

    手紙

    伝えたい思いは,心を込めれば必ず届く!

  4. 手紙

    川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に、野球帽を目深に被った青年の姿がある。 武島直貴、20歳。誰とも打ち解けない、暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があ…

コメント

  1. momo より:

     やっとこの映画を観ることができました。

     キャスティングについては、財閥令嬢の中条朝美:吹石一恵さんに
     ちょっと違和感を覚えましたし、若い沢尻エリカさんの可愛いさが
     際立っていますが、「今だったら大阪育ちの水川あさみさんかな・・」
     と思いながら観ていました。

     ただ、中条(朝美の父):風間杜夫さんから差し出された
     手切れ金は、原作では「受け取っていない!!」という思いが
     終始離れません。

     RYOJIさんも書かれている「お笑いコンビ」設定は、成功だと感じます。
     バンドでは、音・技量・著作権等が難しかったのでは・・・・・・

     最後の場面は、ただただ泣きました。そして感動しました。
     

    • RYOJI より:

      momoさん
      コメントありがとうございます。
      原作も素晴らしいですが、映画版の手紙もよかったですよね。
      キャスティングもよかったと思います。
      ただ、沢尻さんの関西弁に違和感がアリアリなのが悔やまれるところですね。
      ラストシーンは何度見ても泣けます。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ