【新作速報】最新作「麒麟の翼」作品概要



東野圭吾さんの最新作「麒麟の翼」が3月3日、講談社から刊行されました。

本作は東野圭吾作品の中でも大人気の「加賀恭一郎シリーズ」第9弾に当たります。
2011年1月にTBSで放送されたドラマ「赤い指」の番組の最後に告知として、
最新刊のタイトルが「麒麟の翼」であることが発表されました。

これは、新参者、赤い指に続いて阿部寛さん主演でのドラマ化が
かなり期待できる展開ですね。

舞台は東京・日本橋。
加賀シリーズの前作「新参者」に続いて日本橋が舞台となります。

そして本作では「赤い指」以来となるいことの松宮脩平とのコンビも復活します。
加賀恭一郎の凄さを改めて思い知らされる渾身の最新作です。

作品概要

東京・日本橋―。
中ほどにある「麒麟像」に、もたれかかっている1人の男を巡査が発見する。
男の名前は青柳武明。
当初、ただの酔っ払いかと思われたが、よく見ると胸にナイフが刺さっていたのである。
青柳は瀕死の重傷を負いながらも、日本橋へと辿り着いたのだった。

ただちに病院へ搬送されるが、青柳はまもなく死亡してしまう。

ちょうどその頃、日本橋付近で不審な男を職務質問していたところ、
その男は突然逃走し、トラックにはねられ、意識不明の重体となってしまう。

その男は所持していた免許証から八島冬樹という人物であることが判明する。
さらには八島の所持品から、日本橋で死亡した青柳の免許証が見つかった。

捜査の過程で、被害者である青柳と容疑者である八島の関係も浮き彫りになり、
事件は「強盗殺人事件」として解決に向かうと思われたが・・・。

日本橋署の警部補・加賀恭一郎はいとこである警視庁捜査一課の松宮脩平と共に、
入念な聞き込みと粘り強い捜査で事件の背景にある意外な真相を明らかにしていく―



タグ


2011年3月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:新刊情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ