【新刊情報】真夏の方程式(ガリレオシリーズ)



基本情報

 

真夏の方程式

2011年6月6日 初刊行(文藝春秋)
文庫化未定

 

作品タイトル:真夏の方程式(ガリレオシリーズ)
発売日:2011年6月6日
出版社:文藝春秋
価格:1700円

2011年6月6日追記
発売になりました。
特設サイトがオープンしました ⇒ 「真夏の方程式」特設サイト

2011年6月9日追記
レビュー記事をアップしました。 ⇒ 真夏の方程式

作品の概要

ガリレオシリーズ第6弾

「忘れないでほしい。君は一人ぼっちじゃない―。」
その夏、湯川が出会ったのは、少年だった

小学校5年生の柄崎恭平は両親の都合で夏休みの間、
美しい海を誇る玻璃ヶ浦の「緑岩荘」という旅館で過ごすことになった。

一方、湯川も海底鉱物資源の開発計画の説明会に招待され、
「緑岩荘」に滞在することになる。

ある日の朝、港近くの堤防で男性の遺体が発見された。
男性の名は塚原正次。塚原もまた「緑岩荘」の宿泊客だった。

塚原は定年退職した元・刑事で、
死因は一酸化炭素中毒だった。

これは事故か殺人か。

予期せぬ事故に巻き込まれた少年・恭平。
環境保護活動に夢中の旅館の一人娘・成実。
旅館の経営が苦しく、廃業を考える成実の両親。
そして、塚原がかつて逮捕した殺人犯・仙波の影…。

美しい海のある町では一体何が起きたのか。
そして、湯川はある真相に辿り着く―。

主な登場人物

湯川学:帝都大学物理学科准教授。通称「ガリレオ先生」

草薙俊平:警視庁捜査一課の刑事。湯川の大学時代の同期。
内海薫:女性刑事。草薙の後輩
多々良:警視庁捜査一課・管理官。亡くなった塚原の後輩。

柄崎恭平:小学校5年生。夏休みを玻璃ヶ浦の「緑岩荘」という旅館で過ごす。

川畑重治:旅館「緑岩荘」の経営者。恭平の伯父。
川畑節子:重治の妻。恭平の伯母。
川畑成実:重治・節子の娘。恭平の従姉弟。環境保護活動にのめりこむ。

沢村元也:玻璃ヶ浦出身のフリーライター。成実と共に環境保護活動をしている。
西口剛:玻璃警察署の刑事。事件を担当する。成実の同級生。

塚原正次:元・警視庁捜査一課の刑事。死体で発見される。
仙波英俊:かつて塚原に逮捕された殺人犯。亡き妻が玻璃ヶ浦の出身。

ひとこと

加賀恭一郎シリーズの「麒麟の翼」のすぐ後に、
ガリレオシリーズ最新作が発売になります。

ガリレオシリーズは「ガリレオの苦悩」、「聖女の救済」以来、
約3年ぶりとなりますね。
ファンにとってはこれ以上嬉しいニュースは無いかもしれませんね。

本作は湯川が苦手としている子供を中心に描かれているようですね。
「湯川の知られざる新たな一面に驚く」らしいです。

そしてもちろん、東野さんらしい驚愕の結末にも期待大ですね。

2011年6月6日を今から楽しみにしておきましょう!



タグ


2011年4月21日 | コメント/トラックバック(12)|

カテゴリー:新刊情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. 「真夏の方程式」東野圭吾・著 | 少年、夏の日に風変わりな物理学者と出会う。

    文句なしの五つ星です!
    個人的には今まで読んだ東野作品の中で最高傑作。
    発売して間もないのでネタバレなしの方向で。

    あらすじ。。。
    小学5年生の恭平は、夏休みを利用して

  2. 湯川と少年

    小説「真夏の方程式」を読みました。

    著者は 東野 圭吾

    あのガリレオ 湯川シリーズ
    新作長編です

    今回もやはり読みやすく
    引き込まれますね

    ただ、肝心のミステリーとしては普通
    そ…

コメント

  1. 山田なおゆき より:

    非常に楽しみです。

    • RYOJI より:

      コメントありがとうございます。
      待ち遠しいですね~!
      はやく読みたいです。

  2. とめこ より:

    もう3年も経ったんですね!
    私が初めて自分で買った推理小説が、
    「探偵ガリレオ」でしたので、思い入れがあります(笑)
    今から楽しみです。

  3. RYOJI より:

    とめこさん、コメントありがとうございます。
    そうですね~、ガリレオシリーズは早いもので、
    約3年ぶりになるんですよね。

    湯川の新たな一面が見れるということなので、
    楽しみですね!

  4. basil より:

    これって確か週刊文春に連載されてたんですよね。
    その頃、東野さんを敬遠していたので読んでなかったんですよ~。
    今にして思うと実に惜しいことしました。
    実家の母などは絶賛してましたのに…

    • RYOJI より:

      basilさん、こんばんは^^
      僕もいつも単行本か文庫化になってからしか買っていないので、
      刊行されること自体、最近知りました。

      発売まであと2日です。楽しみで仕方ありません。
      読んだらすぐにレビューしますね!

  5. こなた より:

    いまこの本を読んでいます。湯川先生の物語が大好き。なぜなら、福山雅治さんをイメージして読んでるよ。映画化なら、主演がましゃと柴咲コウならいいなと。
    そして見たことのない湯川博士が多いと思いますが。子供を嫌いですよね。
    でも今回でそう見えない、子供を嫌いじゃない、いいよね。
    で、どうして、湯川が僕をしゃべっていないんですか。私?
    ちょっと変ですが

    • RYOJI より:

      こなたさん
      コメントありがとうございます。

      大変面白い作品でしたよ。感想記事もアップしていますので、是非読んでみてください。(つたない文章ですが・・・)
      僕も湯川先生=福山雅治さんで完全に固定してしまいました。映像化になるといいですね。
      楽しみにしておきましょう。
      子供嫌いだった(はず)の湯川と恭平少年の交流が心温まりました。
      何度も読み返したい作品です。

      • こなた より:

        すみませんですが、友達になってもいいですか。
        一緒にガリレオの作品をたくさん話しましょう
        facebookとかありますか

        • RYOJI より:

          こなたさん
          ありがとうございます。
          もちろん喜んで^^
          でもすみませんがfacebookはやってません(汗)
          簡単ですか?
          もしよろしければ、こちらからメッセージをいただけると幸いです。
          ↓ ↓ ↓
          http://keigohigashino-fan.com/mail/


コメントをどうぞ

このページの先頭へ