【新刊情報】マスカレード・ホテル



基本情報

作品タイトル:マスカレード・ホテル
発売日(予定):2011年9月9日
出版社:集英社
特設サイトはこちら『マスカレード・ホテル』特設サイト(集英社)
価格(予定):1680円

作品の概要

東野作品史上、最高に華麗な舞台と結末

彼はホテルマン。しかしその正体は…?

「ホテルの中で仮面を被っているのは客たちだけではない―」

東京都内で発生した不可解な連続殺人事件。
あるヒントから次の犯行現場として浮上したのは、
一流ホテル『コルテシア東京』

容疑者不明、ターゲットさえも不明の中、
殺人を阻止することは出来るのか?

2011年9月、待望のニューヒーロー誕生!

2011年9月21日レビュー記事アップしました。 ⇒ マスカレード・ホテル

ひとこと

真夏の方程式に続いて刊行されるのが、
ホテルを舞台としたマスカレード・ホテルです。

今までのシリーズモノではなく、
新しいキャラクターのようですね。

「東野作品史上、最高に華麗な舞台と結末」
と謳われているようです。

ホテルマンにスポットを当てた作品は今までなかったと思うので、
楽しみですね。
※黒笑小説の中で笑わない男として出てきましたかね、そういえば。

3月3日の麒麟の翼
6月6日の真夏の方程式、
9月9日のマスカレード・ホテル

作家生活25周年だけあって、力の入れようが
半端ない感じがしますけど、
ファンにとってはたまらなく嬉しいですね。

それにしても、次から次へと、
よく書けるなぁと驚くばかりです…。

2011年は東野圭吾、熱いですね!

関連記事
マスカレード・ホテル



タグ


2011年4月22日 | コメント/トラックバック(38)|

カテゴリー:新刊情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. 東上かおる より:

    マスカレード・ホテル、既に予約してあります!!!!
    めっちゃ私、気合入ってます!!!!!
    今月のお小遣いは本に使います。

    めっちゃ楽しみです(^o^)丿

    • RYOJI より:

      かおるさん
      こんばんは。コメントありがとうございます。
      それはすごいですね~!気合入りまくりですね^^
      単行本って高いからお小遣いすぐ無くなるでしょう(^_^;)
      僕も発売と同時に買う予定です。
      楽しみですね!

      • 東上かおる より:

        マスカレード・ホテルついに、ついに買いました〜!!

        表紙がかっこよくて、ひかれます〜。

        一日で読んでしまいそうです(#^.^#)

        • RYOJI より:

          かおるさん
          コメントありがとうございます。
          僕も買いましたよ!でもまだ読み始めていません。
          明日からかな~。
          僕の知り合いの人は、麒麟の翼と真夏の方程式よりも面白かったといっていましたので、
          期待大です!

  2. ケンジ より:

    今日も仕事だけどまた寝不足ですが…本やとしては大変幸せです!

    • RYOJI より:

      ケンジさん
      コメントありがとうございます。
      お仕事お疲れ様です!本屋さんなんですか?
      マスカレード・ホテル、売れているみたいですね。
      僕が買った時も何人か手にしておられました。
      嬉しいですね!

  3. まる より:

    読みました。
    個人的には3作の中では1番好きです。

    • RYOJI より:

      まるさん
      コメント、ありがとうございます。
      僕の周りでもそのように言っている人が多いですね~。
      ちょっと意外でした。
      僕は今期待を膨らませながら読んでいる最中です。
      読み終わったら感想アップしますね。
      それでは。

  4. momo より:

    東野作品は、全作の2割程度しか読んでいませんが、
    この「マスカレード・ホテル」には、明るさがあって好きです。
    一気に読み上げました。
    シリーズ化を期待してます。

    発売日が3の倍数日にしてあるところミソですね。
    12月12日にも新刊がでるのかな?
    そうなら楽しみです!!

    • RYOJI より:

      momoさん
      コメントありがとうございます。
      僕は今読んでいる最中ですが、面白いですね~。これはハマります。
      3の倍数は確かに気になっていました。
      12月12日、何かが起こる!?
      期待しましょう^^

      • momo より:

        この作品は、映画化向きですよね。
        華があります。

        で、勝手に主人公二人をキャスティングしているのですが(笑)
        新田役の精悍なマスクでネイティブな英語のできる方って誰でしょう?

        RYOJIさんのお勧めの方は、いらっしゃいますか?

        • RYOJI より:

          momoさん
          コメントありがとうございます。
          僕も読みながらキャスティングしてみることはよくあります。
          想像しながら読むと面白いんですよね。
          新田役ですよね・・・。うーん、難しいですが、
          玉山鉄二さん、坂口憲二さん辺りはどうでしょう?
          伊藤英明さんもいいと思ったんですが、海猿のイメージが強くて・・・。
          ちなみに、山岸尚美役は菅野美穂さんなんてどうでしょう?
          こうやって勝手にイメージして読むのも楽しいですよね。

  5. yuzo より:

    キャスティング考えるの楽しいですね。
    読み始めたときから、
    TVの「ハガネの女」イメージが頭をかけめぐりました。
    吉瀬美智子と齋藤工コンビが面白いんじゃないかと思ったとたん、2人が本の中で暴れまわっております。

    • RYOJI より:

      yuzoさん
      コメントありがとうございます。
      勝手にキャスティングを想像して読むと感情移入できていいんですよね。
      物語に入り込み易くなります。
      ハガネの女は見ていないので良く知りませんが、
      吉瀬さんと齋藤さんのコンビも面白いかもしれませんね!

      • yuzo より:

        つたない意見にコメントありがとうございます。映像化は楽しみですが、
        自分のイメージとあまりにかけ離れるとがっかりして、好きだった女優さんや監督が嫌いになってしまうこともありますよね。物語に、はずれがない東野作品なら、なおさらです。ガリレオの福山さん、加賀役の阿部寛さん、皆さんのイメージどおりでしたか?私は俳優さんによっては、映像を見ないこともあります。

        • RYOJI より:

          yuzoさん
          コメントありがとうございます。
          確かに映像化される時ってキャストによってガッカリさせられることもありますが、
          自分は映像化されることそのものが嬉しいのであまり気にはならないかなぁと思います。
          ガリレオの福山さんに関してはドラマの方が先だったので、違和感は全く無しでした。
          加賀の阿部寛さんはイメージぴったりで今ではハマリ役だとさえ思っています。
          映像化に関しては、キャスティングよりも、原作にいかに忠実か?という部分を大事にしてほしいかな、と思います。
          そういう意味ではドラマの「白夜行」はガッカリした部類ですね。あと、映画の「さまよう刃」や「変身」もイマイチかなぁと。
          キャスティングで強いてあげるとすれば、東野さんではないのですが、
          海堂尊さんのバチスタシリーズはやや不満が残りました。
          特に映画版の田口先生のキャスティングには驚きましたね。
          なぜ女性なのかと。それ以外はいいキャスティングなのにもったいなかったですね。

  6. momo より:

     私も考えてみたのですが、皆さん方のプラン+水嶋ヒロさん、
     向井理さんが浮びます。(英語にこだわってます)

     ヒロインには竹内結子さん、でも、バチスタのイメージが強く(TVは男性な  のに)ジーンワルツの菅野美穂さんしか浮かびませんでした。

     来年1月28日公開予定の「麒麟の翼」につづき、この作品も映画化してほしい
     ものですね。

    • RYOJI より:

      momoさん
      コメントありがとうございます。

      なるほど、向井理さんはいいかもしれませんね^^
      僕は最後まで読んだ後、伊藤英明さんが一番しっくり来るかな、と思いました。
      菅野美穂とのコンビで。
      映像化がもし決まれば嬉しいですね!

      • momo より:

        疑問の件、了解いたしました。ありがとうございます。

        私的には、「どうしてPCのバックアップをUSBメモリーにとらなかった
        のかな?」という疑問は残りますが、先送りされるだけかもとも思い直しました。

        この作品はタイトルが秀逸だし、装丁もこの本の売上に貢献してるのではと
        書店を覘くたびに感心しております。

        • RYOJI より:

          momoさん
          コメントありがとうございます。
          これは「嫌がらせ」の件ですよね。
          僕も思いましたが、まさかそこまで姑息なことをするとは夢にも思わなかったんでしょうね。
          「マスカレード・ホテル」というタイトルは読み終わってから納得でしたね。
          とても良い作品だったと思います。

  7. ヒソカにバギー より:

    私が考えたキャスティングです。いかがでしょう

    新田浩介 小栗旬
    山岸尚美 平愛梨
    藤木 時任三郎
    久我 玉木宏
    田倉 香川照之
    杉下 堺雅人
    関根 速水もこみち
    稲垣 仲村トオル
    片岡 小泉こうたろう
    能勢、尾崎、本宮は適当に

    • RYOJI より:

      ヒソカにバギーさん
      コメントありがとうございます。
      小栗旬くんはいいかもしれませんね!
      他のキャストも豪華すぎて勿体無い気が・・・(^_^;)
      個人的には能勢刑事は有名どころの役者さんに演じてもらいたいですね。
      こうしていろいろ考えるのって楽しいですね。

  8. momo より:

     能勢刑事は、小日向文世さんでいかがでしょうか?
     寺島進さんも浮かびましたけど、小日向さんの方がよりマッチしてそうです。

     考えると本当に楽しいですね。
     
     制作会社に「キャスティングプラン公募」提案をしたいくらいです!(笑)

    • RYOJI より:

      momoさん
      コメントありがとうございました。
      なるほど小日向さんですか~。いいかもしれません。
      いろんな意見があって面白いですね!
      確かに読者が考えるキャスティングというのが製作側に伝われば面白そうです。
      映像化されることを祈りましょう。

      • yuzo より:

        キャスティング大賞なんてあれば楽しいですね。次はキャストを当てはめて
        読んでみようと思います。皆さんから何度も楽しめる読み方を教わりました。ありがとうございます。

        • RYOJI より:

          yuzoさん
          コメントありがとうございます。
          キャスティングを当てはめて読んでみるとまた違った楽しさがありますね。
          僕は一度イメージしてしまうと、脳内ではずっとその方で再生されてしまいます。
          そうなって欲しい希望もありますよね。
          本当に映像化してくれると嬉しいのですが。

  9. Dr.K より:

    私も勝手に考えてみました。
    真っ先にイメージが浮かんだのは、新田役=坂口憲二さん。
    山岸役は誰がいいかなと色々考えた結果、蒼井優さん。
    能勢役が思い浮かばないので、まだ考え中です。

    おそらくドラマ化されるので、映像のプロたちが誰を起用するのか、今からとても楽しみです。

    • RYOJI より:

      Dr.Kさん
      コメントありがとうございます。
      新田役=坂口憲二は僕も真っ先に浮かびました。
      でも読み終わってから伊藤英明さんに変わりましたけど^^
      尚美=蒼井優さんは思い付かなかったですねー。いいかも!
      映像化されるでしょうか?楽しみですねー。

      • Dr.K より:

        能勢役が思いつきました。
        斎藤暁さんなんてどうでしょう?

        • RYOJI より:

          Dr.Kさん
          コメントありがとうございます。
          斎藤暁さん、イメージはピッタリかもしれませんね!
          僕は大御所で西田敏行さんなんかをイメージしてしまいました。
          贅沢ですね^^

  10. yuzo より:

    最近東野圭吾作品は映像化しやすいこともあって次々映像化されていますよね。ホテルを舞台にした豪華絢爛なミステリー。TVドラマではなく大スクリーンに登場させてほしいものです。・・・マスカレードホテルを読んでて
    サービスについて考えてしまいました。サラリーマンも居酒屋の店員さんもタクシーの運転手さんも
    お客さんを怒らせずに満足させるという点でみればホテルマンと変わりません。ホテルマンはサービスの究極の形かもしれません。
    現在の仕事は付加価値(サービス)なしでは考えられなくなっています。
     前に読んだ「神様からひとこと」「君たちに明日はない」を読み直してみようかななどと思っています。(2作とも東野作品ではありませんが)「神様・・」は苦情処理に奮闘する物語「君たち・・」はNHKで坂口健二さん主役のドラマにもなりました、リストラ請負人の話。面白い本は他の読書も誘発させるかもしれませんね。

    • RYOJI より:

      yuzoさん
      コメントありがとうございます。
      超一流ホテルが舞台でしたから、サービスもやっぱり超一流でしたね。
      泊まってみたくなりますよね。
      東野作品を読破したら次はいろいろな作家さんの作品を読みたいと思っていますので、
      「神様からひとこと」「君たちに明日はない」の2作はいつかは読んでみたいと思います。

  11. momo より:

     この本、売れてますね。宣伝も凄いですよね。
     それだけ人を惹きつける魅力があるって事なんでしょうね。

     キャスティングの続きですが、藤木総支配人に佐藤浩市さんはどうでしょう?
     重厚さとやさしさでgoodと思うのですが・・・
     考えるだけで楽しいです。
     心より映像化を期待しています!
     

    • RYOJI より:

      momoさん
      コメントありがとうございます。
      作家生活25周年記念刊行らしいですから、出版社もいつも以上に気合入ってるでしょうね。
      佐藤浩市さんはノーマークでしたね。好きな役者さんの一人です。
      総支配人役、面白いかもしれませんね!
      僕は総支配人役は大杉連さんを想像していました。
      周りに話すと「意外」と言われましたが・・・。

  12. kensonoです より:

    はじめまして。
    1週間前に読み終わりました。
    私は映画・ドラマ化が決まってから読む派なので、いつもは既に決まっているキャスティングを連想して読んでしまいます。
    今回は読んでる最中に思い浮かんだのは、新田役は西島秀俊!それ以外はこれといったキャスティングが思い浮かばなかったですが・・・山岸:深津絵里、能勢:ヤホーという芸人!いかがでしょう!

    • RYOJI より:

      kensonoさん
      はじめまして。コメントありがとうございます。
      西島秀俊さんは思いつかなかったですね~。
      でもとてもしっくりくるキャストかも知れません!
      ここまで期待してるんだから、映像化、決まればいいですね~。

  13. こーじ より:

    はじめまして。いつもファンサイト見ています。

    1年前に読みました。

    新田は高嶋政宏さんを思い浮かべ、能勢は平田満さんを思い浮かべました。

    新田は四角い顔で背が高くがっちりしているイメージがあったので…。

    でも高嶋政宏さんはいつも脇役やっているので違和感あるかな?

    能勢は顔が目立たない感じが良いと思い、平田満さんが良いと思いました。

    • RYOJI より:

      こーじさん
      コメント、ありがとうございます。
      高嶋政宏さんは僕は思いつかなかったですね~!
      でもなるほど!と思わせるキャスティングですね。
      こうしてみると、キャスティングでガラッと作品のイメージって変わりますよね。
      これだけキャスティングを考えてくれる方がいるのだから、
      是非とも映像化してほしいですよね!
      今後ともよろしくお願いします。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ