【文庫化情報】「聖女の救済」2012年4月10日文庫化決定!



基本情報

 

 

聖女の救済

 

2012年4月10日文庫化(文春文庫)

 

作品タイトル:聖女の救済
発売日(予定):2012年4月10日
出版社:文藝春秋
価格(予定):710円

Amazonと楽天で予約できます。

Amazon ⇒ 聖女の救済 (文春文庫)
楽天ブックス ⇒ 聖女の救済(文春文庫)

当ブログのレビューはこちら(ネタバレ無し) ⇒ 聖女の救済

作品の概要

ある日、男が自宅で死んでいるのが発見された。
彼が飲んだコーヒーに毒物が混入されていたのだ。

男の妻に容疑がかかるが、
彼女には完璧なアリバイがあり、捜査は難航する。

事件を担当した警視庁捜査一課の草薙刑事は友人で天才物理学者の
ガリレオこと、湯川学に捜査協力を求めるが・・・。

湯川が出した結論は「虚数解」
理論上はあり得るが、現実的にはあり得ない
という答えだった。

湯川に「完全犯罪」と言わしめた驚愕のトリックとは?
ガリレオシリーズ待望の長篇傑作推理がいよいよ文庫化

ひとこと

「聖女の救済」もようやく文庫化が決定しましたね。

ガリレオシリーズでは、本作が「容疑者Xの献身」に続いて2作目の長編となります。
単行本が刊行された時は「ガリレオの苦悩」と2冊同時刊行されました。
文庫化も同時だと思ってましたが、ガリレオの苦悩からは半年遅れでしたね。

待ちに待ったファンの方も多いのではないでしょうか。
文庫化に合わせて僕も再読してくなってきました。

関連記事・ページ
聖女の救済
容疑者Xの献身
ガリレオの苦悩

ガリレオシリーズ



タグ


2012年3月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:新刊情報

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ