『麒麟の翼』オリコン初登場5位



2011年3月3日に発売された、
東野圭吾さんの最新作「麒麟の翼」が
オリコンBOOK総合部門初登場5位を記録しました。

発売から約10日で推定売上部数が約37,000部。

出足好調のようですね!

講談社の「麒麟の翼」特集ページがありますので、
ご紹介しておきましょう。
「麒麟の翼」特集ページ

以下、著者・東野圭吾さんからのメッセージの一部を引用しています。

帯には、「加賀シリーズ最高傑作」と謳っていることだろうと思います。その看板に偽りなし、と作者からも一言添えておきます。『赤い指』と『新参者』を融合させられたのではないか、と手応えを感じています。



タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. basil より:

    さすが東野さんですね。
    よくこんなに次々と…。ほんとすごい。

    さて私は「名探偵の掟」読みました。
    すっごく面白かったです。こういうジャンルがもしかして真骨頂?って思っちゃいました。
    次は何を読んだらいいでしょう。
    迷う~~。

    RYOJIさんのところは地震の影響はなかったですか?

    • RYOJI より:

      「名探偵の掟」は面白かったですね!東野さんだからこそ、書けたんじゃないかなぁとも思っています。

      それにしても、地震についてはなんとも言葉が出てこないですね。
      うちは関西ですから、影響はありませんでしたが、
      報道を見るたび、涙が出てきます・・・。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ